国公立二次試験のしくみ

142944d3722465be7f9b3c4913cf9a91_s

国公立大学入試は2回受験する仕組み

大学受験のスケジュールと種類を知る」でも簡単にふれたように、国公立大学入試の仕組みは、一次試験と二次試験を受けて、それらの合計点で合否が決まります。

一次試験というのは「センター試験」のこと。
二次試験は各大学で実施される試験で「前期日程」「中期日程」「後期日程」の3種類のいずれかを選んで受けます。

スケジュール的に見ると、1月中旬に「センター試験」があり、その後2月下旬に「前期日程」、3月上旬に「中期日程」、3月中旬に「後期日程」が実施されます。
ただ、前期、中期、後期の3日程のうち、「中期日程」はもともと、一部の公立大のみで実施されるだけで、「後期日程」は縮小傾向にあります。

今後は「前期日程」に集約されていくと思われますので、「どの日程で受けようかな~」と迷うことはありません。
前期日程をスケジュールに置いて受験勉強を進めていきましょう

二次の大学入試で難易度が高い仕組み

一次試験であるセンター試験は(やや)一般的問題、二次試験は専門的な問題が出題されます
センター試験でどの受験科目を選ぶかは各大学が指定するので、志望大学の募集要項でしっかり確認しましょう。

一般的な問題が出るとはいえ、科目数がはんぱなく多いので、しっかり時間管理して受験勉強を進めて行かないと、間に合わなくなります!
文系なら文系科目、理系なら理系科目と、自分の専門に近い科目の難易度の高い問題が出題されます。

一次と二次の配点設定は各大学で違う

大学によって一次試験と二次試験の配点が違っていたりするので要注意。
例えば、筑波大学の人文学類だと、一次試験450点満点、二次試験900点の1350点満点。
志望大学の設定した配点により、どちらの試験に力を入れるべきかが分かります。