大学受験でかかる費用

63bbce0ca0c4862108865b829d2e8037_s

受験をするだけでも○万円!

大学進学を考えるとき、気になるのが費用。受験費用だけでも、けっこうかかるものです。

まず、センター試験の受験料は3教科以上受験する場合は1万8,000円。
国立大学だとほぼ、5教科7科目なので、1万8,000円はかかると思っておきましょう。
さらに二次試験だと前期・後期日程が合計3万4000円です。
私立大学の一般型なら約3万5,000円。

国公立大学2校、私立大学2校、合計4校受けるだけで約17万円に!
遠方の大学を受験するなら、さらに交通費や宿泊費も必要になります。

学費だけでなく、そのほかの費用も忘れずにチェック

大学入学すると、初年度にはこまごまとした費用がかかります。

まず入学金、年間の授業料、さらに施設設備費とか実験実習費などの費用があります。
さらに後援会費とか保険料などの名目の徴収があることもあります。

合計すると、初年度は国立大学なら約80万、私立大学なら文系は約120万、理系なら約160万、医歯系なら約650万。
文系ならそれほど違いはないですが、理系、医歯は何倍ものお金がかかります。

大学生活にかかる費用は、親元から通うならそれほどかかりませんが、一人暮らしするとなるとかなり高くなります。

住居費や食費はかならずかかるし、書籍費、便学費、通信費、娯楽費・・・と加算するとかなりの額に。
どれだけ切りつめても、約12万円はかかると思っておきましょう。

これに対して、親からの仕送りは平均すると月約65,000円と言われています。
当然、仕送りだけでは足りないのでその分、アルバイトしたりして自分でねん出することになります。

学業と費用のバランスを考えてベストの選択を

しかしアルバイトばかりしていて、勉強がおろそかになっても困るので(最近はブラックバイトなんかでさんざん働かされてる学生もいるみたいだし)、そうなると奨学金というのも選択肢に入ります。

ただし、給付型の奨学金が増えていたとはいえ、一般的なのは貸与型の奨学金です。
今は大学を出ても、必ずしも安定した職につけるわけではないことを考えると、できれば貸与型は避けたいところ。

大学単位で給付型の奨学金を用意しているところもあるので、どうしても奨学金が必要、ということであれば、そうした大学を考えるといいかもしれません

いろいろ事情はあると思いますが、アルバイトしても、奨学金を借りても、かなり大変なことになりそう・・・ということで、一番無理ない選択肢が「実家から通える国立大学に行くこと」です。

国立大学なら、全国どこでも、まあ近場にあるし、レベルも高いです。
地方の国立大学は就職の推薦枠がけっこう充実しているので、地方の国立大学だから就職に不利になる、ということもないと思います。
無理して独り暮らしをする必要はないですよ。