志望校の選び方

e1cd87c43f1134a69ecb3fc989ec224e_s

知名度や偏差値で志望校を選ぶのはNG!!

志望校選びは、知名度とか、自分の偏差値で行けそうな大学を選ぶとか、そういう考えで選ぶと失敗します。
その大学が、自分の求めるものを提供してくれるか、自分とマッチしているか、そういうところを見て選ぶべきです。
大学を中退する人たちの約3分の1が、「大学が自分と合わない」という理由で辞めていると言われています。

志望校選びのポイント

志望校選びのポイントは、以下のようなポイントで選びましょう。

・キャンパスの雰囲気はどうか?
・学校設備は整っているか?
・就職実績は?
・どんな留学制度がある?
・奨学金や授業料免除はある?

パンフレットにない情報を目で見て確かめる

志望校選びをするとき、たいていの場合、参考にするのは大学のホームページやパンフレットでしょう。
でも、ホームページやパンフレットだけだと、イメージがあまりつかめなかったりするものです。

そんなときに、ホームページ、パンフレットに次ぐ志望校選びの情報収集として活用したいのが「オープンキャンパス」です。

大学がキャンパスを開放して、見学会や入試説明会などのイベントを実施しています。
実際に大学に足を運んで、自分の目で確かめられるので、「自分と合う大学かどうか」を見極めやすくなりますよ。

夏休みや大学祭時には大規模なオープンキャンパスを開催

オープンキャンパスは7~11月に開催されることが多いです。
夏休みや大学祭だと、大規模なイベントになることが多いです。
受験直前になると、そうそう出かけられなくなりますから、早めの段階に、気になる大学のオープンキャンパスに行くことをおすすめします。
私もいくつか、めぼしい大学のオープンキャンパスには参加しました。

とある大学の進学説明会に行った時、パンフレットやホームページには書いてない情報を「わざわざここに来てくれたので」って、教えてくれました。
入試出題者による問題解説とか、就職の状況とか、進路にもろに役立つ情報を教えてもらえたので、行って良かったです。

4年間通うなら、ランチはほとんど学食になるわけですから、どんなランチを出しているのか、味見してくるのも楽しいかもしれません。
それと、そこの学生がたくさんいるので、ウォッチングしてると、雰囲気がよく分かると思います。

体験授業したり、学生がツアーコンダクターになって学内を案内してくれるイベントもあります。


>> 現役東大生に、大学受験勉強の悩みを相談してみよう!